食べる

宮崎・日向で「細島いわがき」祭り カキ200キロの無料振る舞いも

カキ小屋「かき寧」代表の児玉裕紀さん

カキ小屋「かき寧」代表の児玉裕紀さん

  •  
  •  

 宮崎・日向のカキ小屋「かき寧(ね)」(日向市細島、TEL 0982-60-3698)で6月23日、「細島いわがき祭り」が開催される。

細島いわがきの網焼き

 「細島いわがき」は日向市のブランドカキ。春から夏にかけて旬を迎え、成人男性の握りこぶし1個分ほどの大きさがあり、身が大きいのも特徴。同店代表の児玉裕紀さんによると、収穫量は一昨年が25トン、昨年と今年が35トンと増えており、県内外で認知度も上がっているという。

[広告]

 オープン3周年を記念して企画した同イベントは毎年行っているカキの無料振る舞い(1人1個)は、昨年より50キロ増量の200キロを提供する。

 児玉さんは「皆さんのおかげで迎えられた3周年を祝い、日頃の感謝を表したい。岩ガキは栄養満点で疲労回復や生活習慣病、夏バテ予防に効果が高いといわれ、美容効果が期待できるビタミンB2も含まれている。真ガキに比べて、さっぱりとクリーミーで食べやすいのも特長。イベントを通じ今よりたくさんの人に細島いわがきを知ってもらい、地元を代表する名物として定着させたい」と話す。

 会場では、キハダマグロの解体ショーも行い、刺し身を無料で振る舞う。このほか10店が出店し、パン、皮小物、ポップコーン、駄菓子、野菜、総菜、揚げ物などの販売も行う。特設ステージでは、坂本サトルさん、Katsuki Jazzさん、甲斐裕三郎/モストリオさん、おだや加奈子さんらによる音楽ライブも行われ、イベントを盛り上げる。

 開催時間は10時~15時。雨天決行。「かき寧」営業時間は10時~16時。カキ振る舞いは10時~。マグロの刺し身振る舞いは11時、13時の2回。

  • はてなブックマークに追加