暮らす・働く

宮崎・日向で写真コンテスト作品募集 「希望、夢、懐かしさ」テーマに

撮影は石渡ウィリアムさん。希望、夢、懐かしさを感じる写真を募集中

撮影は石渡ウィリアムさん。希望、夢、懐かしさを感じる写真を募集中

  •  
  •  

 宮崎・日向の「fotografixx(フォトグラフィックス)」(富高、TEL 0982-57-4188)が現在、「令和 日向フォトコンテスト」の作品を募集している。

企画した石渡ウィリアムさん

 撮影機材、3Dプリンターなどを備えたスタジオやフリースペースを運営する同社。コンテストは同社社長でフォトグラファーの石渡ウィリアムさんが新元号になったことをきっかけに企画した。

[広告]

 募集する作品のテーマは「希望、夢、懐かしさ」。対象は、日向市、門川町、美郷町、川南町在住者。5月1日以降に宮崎県内で撮影した、カラーもしくはモノクロ写真を対象に作品まで受け付ける。

 石渡さんは「新しい時代をきっかけに、過去のことを懐かしく思い出す機会が増えている。歴史はとても大切だと思う。日向市には海や川など自然が多く、美々津の町並みなど歴史を感じるところも多い。懐かしいと思える写真、これからの希望や夢を感じる写真を誰でも気軽にエントリーしてほしい」と話す。

 寄せられた作品の中から、上位3作品を表彰する。審査員は東京を拠点に活動するフォトグラファーのアルフィー・グッドリッチさんなど。作品は、フォトグラフィックスのホームページ、メール、郵送で受け付ける。データでの応募は、ファイルサイズ5メガバイト以内、ファイル形式JPEG。郵送の場合は、2Lサイズ以上A4以下でプリントする。

 募集締め切りは8月31日必着。審査発表は9月、「フォトグラフィックス」フェイスブックページで行う。

  • はてなブックマークに追加