食べる

宮崎・門川の住宅街に喫茶店「コワン」 40年ぶりの「鉄板ナポリタン」も

喫茶店「コワン」の(左)小野さゆりさんとすみこさん

喫茶店「コワン」の(左)小野さゆりさんとすみこさん

  •  
  •  

 宮崎・門川に喫茶店「コワン」(門川町南ヶ丘、TEL 0982-63-2002)が6月18日、オープンして3カ月を迎えた。

40年ぶりの「鉄板ナポリタン」

 店主の小野さゆりさんと息子の妻、すみこさんが切り盛りする。さゆりさんは門川町出身で、介護職を定年退職し、店をオープンした。約40年前に兄夫婦の経営する町内の喫茶店で勤めていた経験があり、当時評判だったナポリタンやハンバーグなどのメニューもそろえる。

[広告]

 店名は住宅街の角にあるため、フランス語で「隅」を意味する「coin」から、さゆりさんの息子とすみこさんが名付けたという。

 朝は「モーニングセット」(トースト、目玉焼き、サラダ、コーヒーまたは紅茶、500円)、昼は「ランチセット」(ハンバーグ、魚のムニエル、サラダ、あえ物、ご飯、みそ汁、950円)などを提供する。40年前と同じメニューの「鉄板ナポリタン」「鉄板ミートソース」(以上、サラダ付き、600円)は、鉄板に薄焼き卵をひいてスパゲティをのせるのが特徴。「鉄板ハンバーグ」(ご飯、みそ汁付き、900円)などもある。月替わりで提供する「シングルオリジンコーヒー」(350円~)は、注文後に豆をひき、ドリップする。

 さゆりさんは「退職したことをきっかけにまた喫茶店をしてみようかなと思った。モーニングは当時からのメニューで、その頃のなじみのお客さんも来てくれている。セットのコーヒーはフレッシュミルクではなく、泡立てた生クリームを添えて『ウインナコーヒー』にするのがうちのこだわり。『鉄板ナポリタン』も当時と味を変えず提供し、年配の方はもちろん、子どもにも喜ばれている。気軽に立ち寄ってもらい、ゆっくりと過ごしてもらえたら」と話す。

 さゆりさんがコーヒーやフードを、すみこさんが「シフォンケーキ」(300円)、「レアチーズケーキ」(350円)などのスイーツを担当する。すみこさんが奈良県出身ということから、持ち帰り限定の「ふわとろたこ焼き」(10個入り、400円)も販売する。前日までの要予約。

 営業時間は8時30分~18時30分。水曜定休。モーニングは8時30分~11時、ランチは11時~15時の提供。6月22日は臨時休業。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ