見る・遊ぶ 買う

延岡のエンクロスで初の期間限定ショップ 「花で癒やしを」とアトリエマキが出店

期間限定でエンクロスに出店するアトリエマキの山下麻岐さん

期間限定でエンクロスに出店するアトリエマキの山下麻岐さん

  • 55

  •  

 宮崎・延岡の駅前複合施設「エンクロス」(延岡市幸町、TEL 0982-20-3900)で9月1日、花をテーマにした初のポップアップショップがオープンした。

1階に設けられたアトリエマキのポップアップショップ

 2018(平成30)年4月に図書館、蔦屋書店、スターバックスコーヒーが入居する複合施設としてオープンしたエンクロス。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年7月から2階の書店、図書館のスペースの使用を休止していたが、9月になってようやく再開した。同時に、初のポップアップショップを生花やドライフラワーを扱う「Atelier Maki(アトリエマキ)」と協力し、スタートした。テーマは「あなたの幸せを真剣に願う」。

[広告]

 エンクロスの福田木綿(ゆう)さんは「コロナ禍でおうち時間が増え、気分がふさぎ込むなどした人も少なくないと思う。目で見て楽しんでもらえる企画をと考え、花を主題にした。せっかくのコラボレーションなので、エンクロスのスタイリッシュな建物に合うように、大きめの植物を2階から飾ったり、『蔦屋書店』の文字が描かれたオブジェにドライフラワーを飾ったりした。来館した人が少しでも幸せを自分で手にしてもらえたら」と話す。

 アトリエマキの山下麻岐さんは「思い描いていた通りのものができた。直接お客さんに会って、喜んでくれている顔を見られるのはとてもうれしい」と笑顔を見せる。山下さんは期間中、10時~15時に店頭に立ち、花束などのアレンジメントも行う。福田さんは「混雑する場合はソーシャルディスタンスを保つために、整理券の配布も予定している」とも。

 営業時間は8時~21時。今月8日まで。