食べる 見る・遊ぶ

宮崎・日之影町で「ヒノカフェフェス」 フォト・ウォークラリーで町の魅力再発見も

フォト・ウォークラリーのポイントのひとつ

フォト・ウォークラリーのポイントのひとつ

  •  

 宮崎・日之影町役場周辺で3月17日、町民一人ひとりができることを形にして発信するイベント「ヒノカフェフェス」が開催される。

 人口3735人の日之影町が、将来元気な町として持続していくために、豊かな自然や町民の活動を町外の人にも広く知ってもらおうと同実行委員会が今年初めて企画した。

[広告]

 千葉県から移住し、食品加工業「旬果工房てらす」を経営する岡田原史さんは、同町産のクリを使った栗まんじゅう作りのワークショップと試食会(要事前申込)を行う。そのほか、地元出身で林業に従事する抜屋匠さんによる「森の魅力を学ぶ木育ワークショップ」、同町の自然を再発見する「フォト・ウォークラリー」、町民による飲食ブースや物販ブース出店などを展開する。

 実行委員の一人で日之影町地域おこし協力隊の重信誠さんは「日之影町がこの先ずっと存続していくためにも、日之影の魅力をより多くの方に知ってもらい関係人口を増やしていきたい。フォト・ウォークラリーは地図を基に時間内にチェックポイントを回り得点を集める企画。チームごとに作戦を立て、ポイントで見本と同じ写真を撮影していただく。一日ですべて回るには相当体力が必要だが、ぜひ全ポイント制覇を目指して、日之影の良さを再発見してほしい」と話す。

 開会式のウッドカットは10時~、日之影町役場前で行う。雨天決行、荒天中止。問い合わせははヒノカフェフェス実行委員会(TEL:0982-87-3910)まで。