見る・遊ぶ

延岡西日本マラソンに692人がエントリー 地元・旭化成の松尾選手V3に期待

大会の成功に向けて握手を交わす読谷山市長(真ん中)ら

大会の成功に向けて握手を交わす読谷山市長(真ん中)ら

  •  

 九州3大マラソンの一つで、若手の登竜門とされる「延岡西日本マラソン」が2月11日、延岡市役所前を発着点に日向市原町を折り返す42.195キロの日本陸連公認コースで開かれる。主催は九州陸上競技協会、延岡市、延岡市教委、延岡市体育協会、UMKテレビ宮崎。

招待選手一覧

 全国38都道府県から招待選手11人、女性選手38人を含む692人がエントリーした57回目となる同大会。昨年最後の直線で惜しくも3連覇を逸した松尾良一選手(旭化成)の3度目の優勝と、2006年の第44回大会で鷲尾優一選手(三菱重工長崎)がマークした2時間11分5秒の大会記録更新に期待が懸かる。

[広告]

 1月28日、延岡市役所で大会名誉会長を務める読谷山洋司延岡市長とUMKテレビ宮崎の寺村明之社長、特別協賛の旭化成の竹本常夫延岡支社長が記者会見し、概要を発表した。

 招待選手の顔ぶれを見ると、新春のニューイヤー駅伝に出場した有力チームのベテラン、中堅勢、箱根大学駅伝を湧かせた若手らが顔をそろえた。招待選手中最速の持ちタイム(2時間12分11秒)を持つ松尾選手が、2年ぶり3度目の優勝を目指す。

 これを追うのが、持ちタイムが招待選手中2番目の柴田拓真選手(小森コーポレーション)。さらに早稲田大学時代に箱根駅伝の山登り区間で2位だったルーキーの安井雄一選手(トヨタ自動車)、同じくルーキーながらニューイヤー駅伝のエース区間を任された栃木渡選手(日立物流)、昨年の東京マラソンで2時間18分11秒をマークした大森澪選手(富士通)ら若手の爆発的な走りにも期待が集まる。

 地元、旭化成の中嶋和希選手は、西都市出身で日章学園高校卒ということもあり、沿道からのひときわ大きな声援を受けて、昨年の延岡西日本マラソンでマークしたベストタイムの大幅更新に挑む。

 今年は、リオ五輪マラソン代表の旭化成・佐々木悟選手が、2年ぶりにペースメーカーを務め、レースを引っ張る。優勝者は海外の陸上競技大会に派遣されるほか、出走者の中から抽選で3人に来年の東京マラソンの出走権が付与されるなどの特典もある。

 レース開始は12時5分。この模様は、九州7局でテレビ実況生中継(制作=UMKテレビ宮崎)され、BSフジでも同日深夜に90分のダイジェスト版が放送される。解説は宗茂さん(旭化成陸上競技部顧問)、西政幸さん(同監督)、小島忠幸さん(同ヘッドコーチ)。