3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

宮崎・門川の菓子店「ミツル・プラス」が「326祭」 数字にちなんだフェア実施

「門川ブランド」の認定を受けた「門川焼きドーナツ」

「門川ブランド」の認定を受けた「門川焼きドーナツ」

  •  
  •  

 宮崎・門川の洋菓子店「ミツル・プラス」(門川町加草、TEL 0982-63-1460)が3月26日、「326祭(みつるまつり)」を開催する。

2代目の小川晋市さん

 創業50年を超える同店は、2代目の小川晋市さんが腕を振るう。門川町産の卵と宮崎県産のバターを使った焼きドーナツをはじめ、ケーキ、チーズまんじゅうなどを販売するパティスリーで、門川町が魅力ある商品として認定する「門川ブランド」にも今年認定された。

[広告]

 店名のミツルは晋市さんの父の名前「満」に由来するが、語呂合わせから3月26日限定で「326祭」を企画。当日は30種類以上ある門川焼きドーナツのベースとなるバター、塩バター、ココアの3種類がそれぞれ1個ずつ入った通常450円のセットを326セット用意し、326円で販売する(1人3セットまで)。焼きドーナツのセットには「シークレット」を3割2分6厘(32.6%)の確率で用意し、1個150円以上するシークレットを入れる。通常400円前後のジェラート、ダブルサイズも326円で提供する。好みのフレーバーを組み合わせることができる。

 小川さんは「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、お子さんたちのストレスもたまっていると思う。せっかくいい季節なのにあちこちに外出できないのが残念。お菓子やスイーツのテークアウトで少しでも笑顔になってもらいたくて326祭を考えた」と話す。「地元・庵川(いおりがわ)の小川嘉一さんが育てた『かおり野』というイチゴを使ったタルト、クレープ、生ロール、スコップケーキなどのイチゴスイーツもそろえているのでぜひご来店いただければ」とも。

 営業時間は9時30分~18時30分。