見る・遊ぶ

宮崎県北9市町村で「えんぱく」 地域資源活用した4ジャンル40プログラム用意

「えんぱく」参加を呼び掛ける実行委員会メンバー

「えんぱく」参加を呼び掛ける実行委員会メンバー

  •  
  •  

 延岡市を中心とした県北9市町村で10月12日~11月24日、地域全体を博覧会に見立てて展開する体験交流イベント「ひむかのくに えんぱく2019」が開催される。

概要を説明する古木副実行委員長(中央)

 地域資源を体験プログラムの形で提供することで、地元の魅力を掘り起こし、地域の価値を高め、まちを元気にする取り組み「延岡のご縁(えん)をつなぐ博(はく)覧会」として2010(平成22)年に始まった「えんぱく」は今年で10年目。今年7~8月に初開催した「キッズえんぱく」を含め、これまで486のプログラムを展開し、市内外から延べ4900人ほどが参加している。

[広告]

 今年は「10年目の感動体験始まるよ」をテーマに、県北9市町村で自然体験、食、美、匠(たくみ)の4ジャンルで40プログラムを行う。総定員数は798人。

 えんぱく実行委員会(佐藤彰洋実行委員長)では10周年記念事業として、秋限定のプログラムに加え1年間を通じて体験できる「通年えんぱく」19プログラムを掲載したガイドブック7000部を作成。各プログラムの参加者を対象に募集する「えんぱく2019フォトコンテスト」(10月12日~12月2日)も行う。

 古木聖三副実行委員長は「参加者からは『体験してみて楽しかった』、『地域の魅力をあらためて感じた』など好意的な意見を多くいただいている。通年プログラムや秋限定プログラムを楽しんで、延岡市をはじめとする宮崎県北部の魅力を再認識し発信してほしい」と呼び掛ける。

 事前予約制。秋限定プログラム参加申し込みは10月2日10時から、電話とインターネットで受け付ける。通年プログラムは電話受付のみ。問い合わせは実行委員会事務局(延岡商工会議所内、TEL 0982‐20‐0008)まで。

  • はてなブックマークに追加