食べる 見る・遊ぶ

日向経済新聞の年間1位はメキシコ料理店 2位サバゲー「さちえさん」、3位パックン岩

店主のスアレス・ラウルさん(左)と美穂さん

店主のスアレス・ラウルさん(左)と美穂さん

  •  

 日向経済新聞の2018年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、日向市中町に開店したメキシコ料理店の記事だった。

2位はサバゲーフィールド「さちえさん」の話題

 ランキングは、今年1月1日から12月14日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1.日向にメキシコ料理店「LAS CALAVERAS」 メキシコ人の店主が開業(1/4)

2. 宮崎・日向に「サバゲー」フィールド 「看板娘」のツイートも話題(6/16)

3. 延岡・北方の「パックン岩」が「インスタ映え」と話題に(9/20)

4. 日向に「ブックスミスミ」 TSUTAYA復活、テナントにコメダ珈琲店も(10/25)

5. 宮崎・日向にゲストハウス&カフェ「fuego」 海の見える好立地に(10/9)

6. 宮崎・日向にアパレルカフェ「WHIZ CHILL HOUSE」 店主はプロボーダー(7/10)

7. 日向に弁当・総菜店「キッチン ケイコ」 息子たちの一言で開業決意(3/19)

8. 宮崎・日向にゲストハウス「ナミマチ」 裏庭にサーフスポット(10/9)

9. 日向でチーム内川が今年も自主トレ 昨季躍進したソフトバンク上林選手も参加(1/16)

10. 日向にホルモン焼き店「富乃井」 亡き母のために夫婦で開業(1/10)

 1位のメキシコ料理店は、メキシコ出身のカメラマン、スアレス・ラウルさんが妻の美穂さんとともに「本場のメキシコ料理を多くの人に食べてほしい」と始めた店。11月にはメキシコの伝統的な祭り「死者の日」にちなみ、ビュッフェ方式で料理を提供するイベントが開かれた。

 2位は、日向市に新設されたサバイバルゲーム場の話題。オーナーで看板娘の76歳(当時)のさちえさんの挑発的なツイートがネット上で盛り上がりを見せた。県内メディアだけでなく、大阪のテレビ局からも取材があり、平成ノブシコブシの吉村崇さんとの共演を果たした。

 3位は延岡市のインスタ映えスポット「パックン岩」。登山愛好家には1年ほど前から話題の場所となり、登山イベントに組み込まれることを報じた。同市内には鉾岳など山の自然を満喫できるところが多いが、まだまだ知られていない魅力的な場所があることを多くの人に知らせる機会となった。「フォレスト・マントル上鹿川」代表の戸高正男さんによると、多数の問い合わせがあるが、これからの時期は周辺の沢などが凍結して危険なので、3月以降にツアーの受付を再開するという。

 その他、4位に大型書店開店のニュース。日向灘に面し、多くのサーフスポットを持つ同市にできたゲストハウス&カフェ「fuego」、ゲストハウス「ナミマチ」がそれぞれ5位、8位にランクイン。プロボーダーが店主を務めるカフェ、主婦が開業した弁当店など食の話題も6位、7位に入った。

 日向経済新聞は2019年も日向などの街ネタを中心にビジネス&カルチャーニュースを届けていきたい。