食べる

宮崎・延岡の「鮎やな漁」解禁 水郷・延岡の風物詩

鮎の塩焼きにかぶりつく大正大学の学生

鮎の塩焼きにかぶりつく大正大学の学生

  •  

 宮崎・延岡の秋の風物詩、五ケ瀬川水系の「鮎やな漁」が10月1日に解禁され、大貫町の「延岡水郷鮎やな」でオープン式が行われた。

鮎の塩焼き

 「鮎やな」は、産卵のため川を下る落ちアユの習性を利用した伝統漁法で、300年以上の伝統がある。川原で焼くアユの香ばしい香りは「かおり風景百選」に認定されている。

[広告]

 水郷鮎やなでは今年も延岡観光協会がやなを架け、食事処は春日町の飲食店「国技館」が「あゆ処 国技館」(TEL 0982‐23‐1905)として運営する。今年4月に常設の食の拠点施設「かわまち交流館」が完成し、今季からあゆ処も同所で営業することになった。当面は食事棟のみのオープンで、鮎やなは10月末ごろをメドに架設される予定という。

 オープン式で観光協会代表理事の谷平興二さんは「鮎やなは延岡観光の目玉。今年は3万人の来場者を目指して頑張りたい」と宣言。あゆ処店主の竹内敏朗さんは「かわまち交流館の完成で席数が増え、混雑時に観光プロモーションビデオを見ながらお待ちいただける場所もできた。これまで8年間の経験を生かしながら、新たな気持ちでお客さまに満足してもらえる店舗運営を目指したい」と話す。

 オープン式には毎年秋に地域実習のため東京から訪れる大正大学の地域創生学部生も参加。神奈川県横浜市出身の徳田健佑さんは「あゆの塩焼きはしっかり身が詰まっていて、とても斬新でおいしい。やな場周辺の景色もよく、ほかでは味わえない環境」と、笑顔を見せながらあゆの塩焼きにかぶりついていた。

 営業時間は11時~22時。開設期間は12月2日まで。