買う 暮らす・働く

日向で「駅前通りフリーマーケット」 土曜夜市のにぎわい再現目指す

ひむかの杜商店街振興組合の西村理事長(右)と寺尾さん

ひむかの杜商店街振興組合の西村理事長(右)と寺尾さん

  • 187

  •  

 日向市で12月13日、「歩きたくなる街 駅前通りフリーマーケット」が開催される。

 日向市駅近くの旧国道沿いにある上町、都町の商店で結成された「ひむかの杜商店街振興組合」が企画した。道路を歩行者天国にして車2台分のスペース(2.5×4メートル)を貸し出し、手作り雑貨やリメイクウェアなどを販売するフリーマーケットを開く。

[広告]

 組合の西村一理事長は「昭和40年ごろの梅雨時期には、旧道沿いで毎週土曜に夜市が開かれ、行き交う人の肩がぶつかり合うくらいの人出でにぎわっていた。今では8月の『ひょっとこ夏祭り』や10月の『十五夜祭り』の時くらいしか歩行者天国にはならないが、今年はそれも中止になり、寂しい思いをした人も大勢いたと思う。年の瀬も押し迫った時期にはなるが、フリーマーケットで不用品を持ち寄ったり、手作り品を販売したりして、たくさんの人が出店するので来店してもらえれば」と呼び掛ける。検温や消毒のポイントを設け、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策を取る。

 開催時間は10時~15時(受け付けは9時~)。現在出店者を募集中。先着30店。出店料は1,000円。キッチンカー、フードコーナーの出店は追加料金3,000円が必要。申し込みは寺尾さん(TEL 0982-54-3067)まで。