学ぶ・知る

宮崎・日向で「外国人へのおもてなし」セミナー キャッシュレスへの対応も

「来年開催の五輪を見据えた内容に」と大下さん

「来年開催の五輪を見据えた内容に」と大下さん

  •  
  •  

 日向商工会議所(日向市上町)で10月3日、外国人観光客への対応を学ぶセミナーが始まる。主催は日向市地域雇用創造協議会(日向市日知屋、TEL 0982-54-1273)。

各回のセミナーテーマと講師の詳細

 厚生労働省受託事業として、事業主・求職者支援のためのセミナーや就職説明会を開いている同協議会。今回は「外国人観光客対応力向上セミナー」と題し、市内の事業主や従業員を対象に行う。日向市内の外国人観光客の現状から接客時の簡単な会話、外国文化の理解や翻訳アプリの使い方、キャッシュレス決済への対応についても学ぶ。

[広告]

 講師には市内の英会話学校「サンシャインアカデミー」の藤江顕さんや、近畿日本ツーリスト九州から赴任している日向市商工観光部観光交流課の梶原景博さん、日向市観光協会の山本達雄さん、インバウンド支援事業を行う日高葵さん、中小企業診断士の野村忠史さんの名が並ぶ。

 同協議会の大下摩子さんは「今回は事前に日向市の訪日外国人の現状について調査し、これから開催される東京オリンピックなども見据えた新しいカリキュラムを作成した。テーマに掲げた観光客だけでなく、簡単な会話やコミュニケーションの取り方など、技能実習や留学などで日向に住んでいる外国人の方に対応する際にも役立つ内容だと思う」と参加を呼び掛ける。

 開催日時は10月3日・17日・31日・11月8日の4日間で、各日18時30分~20時30分。参加無料。申し込みは日向市地域雇用創造協議会まで。締め切りは9月20日。

  • はてなブックマークに追加