見る・遊ぶ

宮崎・日向で「へべす湯」 3日間で100kgのへべすを露天風呂に

秋は緑色、冬は黄色のへべすを入れる「へべす湯」

秋は緑色、冬は黄色のへべすを入れる「へべす湯」

  •  

 日向市幸脇の「日向サンパーク温泉」(TEL 0982-56-3800)で9月15日~17日、同市特産のかんきつ類「へべす」を湯に入れる「へべす湯」が行われる。

日向灘に面した、日向サンパーク温泉

 日向灘に面した露天風呂を持つ同温泉。露地ものの「へべす」が最盛期を迎えることを受けて、香り豊かなへべすを露天風呂に浮かべる。3日間で使うへべすは計100kg。

[広告]

 同施設の小村晃平さんは「秋の3連休は行楽シーズンで、地元だけでなく県外客の来館が見込めるため、毎年企画している。お客さまには『香りがよい』と評判で、浮かんでいる実を割るなどして楽しんでもらっている」と話す。「肌の弱い人には刺激が強いこともあるので、注意してほしい」とも。

 16日には持ち帰り用のへべすが当たる「アヒルちゃんクジ」を実施。数量限定だが、2分の1の確率で当たるという。

 17日は敬老の日のため、70歳以上の人は入浴料が200円になる。

 開催時間は10時~22時(最終受付21時30分)。