3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

宮崎・延岡でクアオルトウオーキング体験会 九州2カ所目の「クアの道」認定

金堂ケ池と実践指導員の堀川叙奈さん

金堂ケ池と実践指導員の堀川叙奈さん

  •  
  •  

 延岡市西階町の金堂ヶ池周辺で6月25日、クアオルトウオーキング体験会が行われる。主催は、延岡市健康長寿推進市民会議と延岡市。

全国的に珍しい海辺のコースとして認定された須美江地区

 ドイツ語で療養地を意味する「クアオルト」。同コースは金堂ヶ池ウオーキングコースとして、「クアの道」に本年度認定予定の市内2コースのうちの一つ。

[広告]

 「クアの道」は、クアオルトで治療に活用される「気候性地形療法コース」の基準を踏まえ、日本の自然環境や気候に合わせ路面の傾斜や変化、安全対策などを備えて専用コース化した場所を認定している。九州では大分県由布市と同市の2自治体で認定されている。

 延岡市は昨年度、日本クアオルト研究所と太陽生命が行った「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード」に応募。健康長寿まちづくりへの取り組みが評価され、優秀賞に輝いた。全国では同市のほか、静岡県小山町が受賞した。

 延岡市では受賞により、日本クアオルト研究所から、「クアの道」のコース設計、総合案内板・標識・サインの設置、マップ作成、啓発リーフレット作成、専門ガイド育成講習開催など整備に関わる費用を助成されることが決定した。今年4月に行った適地調査では、9カ所の候補地のうち金堂ケ池コースと、ビーチの森須美江・須美江海岸コースがクアの道に認定された。

 クアオルト健康ウオーキング開催に当たっては、同推進市民会議に認定された「実践指導者」が参加者に歩き方などの実践的指導を行う。脈拍チェックポイントで脈拍の測り方とその意義を指導、「ヤッホポイント」では声の出し方とその意義を指導する。

 同推進市民会議は今後、クアの道の普及や実践指導者のサポート、イベント時の業務補助などの役割を担う普及員ボランティアを養成する。地域住民の健康づくりをはじめ、地域資源や自然環境のPR、交流人口増加による観光振興などにつなげていく方針という。

 取り組み第1弾となる今回の体験会。6月27日までに普及員、実践指導者の講習会を開く予定。11月11日には認定記念式典とコースお披露目会を開く。

 市健康長寿推進係の岩佐正文さんは「市民の健康づくり推進のための取り組み。今回認定された2コースのうち、須美江コースは全国的にも珍しい海沿いのコースとして高い評価を受けた。11月のお披露目会にはぜひ多くの市民に参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は9時~14時(8時30分受付開始)。集合場所は西階陸上競技場。参加希望者は市健康長寿推進係(TEL 0982-22-7088)まで申し込む。