見る・遊ぶ

宮崎・延岡の五ヶ瀬川沿いで「青空美術館」 「畳堤を守る会」が企画

一般の部で最優秀賞となった大坪眞佐子さんの作品は若山牧水をテーマに

一般の部で最優秀賞となった大坪眞佐子さんの作品は若山牧水をテーマに

  • 31

  •  

 絵画の展示イベント「水辺の青空美術館」が11月1日、延岡市を流れる五ヶ瀬川沿いの遊歩道で始まった。主催は「五ヶ瀬川の畳堤を守る会」。

保育園の部で最優秀賞となった「こばと保育園」の作品

 「畳堤」は、台風などで川の水が堤防を越えて氾濫(はんらん)する前に畳を立てて、洪水を防ぐための特殊堤防。現在、五ヶ瀬川のほか、岐阜県岐阜市の長良川、兵庫県たつの市の揖保川の3カ所しか残っておらず、昭和初期に建設された五ヶ瀬川の畳堤が最も古い。普段はコンクリート製の枠だけが堤防上に設置されていて、延べ980メートルが現存する。

[広告]

 災害への先人たちの知恵である畳堤を後世に伝え、意義を知ってもらい、同時に延岡の良さを再発見してもらおうと、守る会が美術イベントを企画。製作者たちは畳1畳分の大きさをキャンバスに、郷土の歌人、若山牧水や川を泳ぐアユ、チキン南蛮の発祥地、延岡をPRするキャラクター「チキ南番長」などを描き、思い思いに地元の魅力を表現した。

 2回目となる今年は、幼児から一般まで110点の作品を展示し、保育園、小学生、中学生、一般の部でそれぞれ最優秀賞、優秀賞を決めた。

 守る会会長の木原万里子さんは「今年は新型コロナウイルスの影響で児童、学生の皆さんからの新規の作品が少なくなってしまったが、その分一般の方が頑張って制作してくれ、すばらしい展示になった。畳堤は先人たちが、自分たちの町は自分たちで守ろうと知恵を絞って作りあげたもの。作品を鑑賞するとともに、先人たちに思いをはせてもらえれば」と話す。

 12月20日まで。