食べる

宮崎・日向に「辛麺屋 都」 「桝元」のフランチャイズ店から独立

代表の吉岡加津子さん

代表の吉岡加津子さん

  •  
  •  

 「辛麺屋 都」(日向市都町、TEL 0982‐54‐1710)が11月1日、宮崎・日向にオープンした。「辛麺屋 桝元」のフランチャイズから独立し、再出発する。

定番メニューの「なんこつ」も

 宮崎県の名物料理の一つに数えられる「辛麺」は延岡市発祥で、そば粉と小麦粉で作られた「こんにゃく麺」を唐辛子、にんにく、ニラ、ひき肉などを入れたスープで食す。同店は日向店として開業し、2001(平成13)年に同店代表の吉岡加津子さんが引き継いだ。吉岡さんが桝元の先代社長の店で働いていたことがきっかけだった。現在は息子の辰徳さんと店を切り盛りする。

[広告]

 吉岡さんは「延岡出身だったので、日向には一人も友だちがいなかったが、18年間店をやってきて常連さんも増え、気心の知れた友だちもたくさんでき、どっぷり日向の人になった。桝元の看板は下ろすことにしたが、うちの辛麺やなんこつの味は変わらず、今までどおり。これからも地元に密着した店としてやっていきたい。メニューは少し増やせればと思っているので、食べたいものがあれば教えてほしい。平日限定のランチセットも利用して」と笑顔を見せる。新しい店名は店の所在地である都町から取ったという。

 辛麺は0辛~25辛まで辛さの度合いによって値段が変わり、レギュラーサイズ800円~、レディースサイズ650円~。トマト麺、カレー麺(ともにレギュラー900円~)も。こんにゃく麺のほか、中華麺、うどん、ご飯が選べる。なんこつ(550円)、焼き餃子、揚げ砂肝、モロキュー(以上350円)などのメニューも。

 営業時間は11時30分~14時、18時~(スープがなくなり次第終了)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加