食べる

日向のカフェが「メガかき氷」 制限時間15分・チャレンジメニューも

高さ30センチのメガかき氷

高さ30センチのメガかき氷

  •  

 日向のカフェ「SEIKADO」(日向市本町、TEL 0982-52-3518)が5月末、メガかき氷「トレジャー・マウンテン」の提供を始めた。

かき氷の中にはたくさんの「宝物」も

 和菓子、洋菓子の店として1961(昭和36)年に創業した同店。2年前に店主、緒方康彦さんの長男である大介さんがUターンし、カフェを始めた。例年夏は、自家製シロップのかき氷「イチゴ」「マンゴー」(以上680円)、地元特産のかんきつ「へべす」(550円)など9種のかき氷を提供する。

[広告]

 今年は新商品として、高さ、直径ともに30センチのジャンボかき氷を考案。かき氷専用の氷を兵庫県から取り寄せ、氷の中に「宝物」を入れ、自家製のシロップなど10種をかけた。試作品を作った後、フェイスブックなどのSNSや口伝えでネーミングを募集し、応募作にあった「トレジャー」と「マウンテン」を選び、「トレジャー・マウンテン」の名を付けた。

 店主の緒方さんは「たくさんの人に楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいと思い、メガサイズのかき氷を作った。食感がフワフワしているのが特徴。中には果物やアイスクリームなど数種が入っているが、何があるかは食べてからのお楽しみ。子どもからお年寄りまで多くの人に愛されるメニューになれば」と笑顔を見せる。

 ジャンボかき氷を食べた20代の女性は「氷が柔らかく、とてもおいしい。大きいけれど友だち同士でおしゃべりしていたら、すぐに食べきれた。飲み会の後の締めにもいいかもしれない」、小学1年の男児は「おいしい。またおばあちゃんやお母さんと一緒に食べたい」と話す。

 価格は1,500円。1人~3人で制限時間15分以内に完食できれば、1人=1,500円、2人=500円×2枚、3人=300円×3枚の商品券を進呈する。1階の洋菓子店でも使える。10月後半まで提供予定。

 営業時間は、カフェ=11時~17時、18時~22時(日曜は17時まで)、洋菓子店=10時~22時。共に第2・第4・第5水曜定休。