天気予報

23

19

みん経トピックス

日向で「絵手紙教室」一軒家レストランが1周年

美郷町の古民家ピザ店「otto-otto」が4周年 ジェラートカフェ構想も

美郷町の古民家ピザ店「otto-otto」が4周年 ジェラートカフェ構想も

石窯で焼いたピザ「ステッラ」

写真を拡大 地図を拡大

 美郷町西郷のピッツェリア(ピザ専門店)「otto-otto(オットーオットー)」(TEL 0982-60-3396)が12月19日、開店4周年を迎えた。

まき窯でピザを焼く店主の杉本さん

 イタリア・ナポリ直輸入のまき窯で焼く本格ピザを提供する同店。店主の杉本寛之さんは、かつて兵庫県神戸市で大手雑貨店に勤務していたが、飲食業の道に進むことを決意。ソムリエ資格を取得し、ピザ職人になるために、フィレンツェ郊外で1年間修業した。2013年に移住し、同店を開いた。

 美郷町に移住したのは、両親の故郷が日向市だったため。杉本さんは「小さい頃から祖父母が住んでいたため、日向には夏休みや正月に遊びに来ていた。どうせ宮崎に戻るのなら、サーフィンが気軽にできる海のそばで暮らすことも考えたが、母の希望で西郷に暮らすことになり、店を始めた」と話す。縁あって今の古民家と出合い、リノベーション。「今まで大きなトラブルもなく、先に移住していた両親のおかげもあって町に自然に溶け込むことができた。今では遠く、宮崎市や大分、鹿児島、熊本からもお客さんが来てくれる」と笑顔を見せる。2店舗目として評判のジェラートをメインにした「ジェラートカフェ」を開く構想もあるという。

 ピザは定番の「マルゲリータ」(980円)、「マリナーラ」(900円)のほか、イタリア産ポルチーニなどのキノコを使った「ボスカイオーラ」(1,680円)や宮崎県産イタリア野菜を使った「ステッラ」(1,980円)などがある。常時6種用意するジェラート(400円~)も自家製。イタリア産ワイン(500円~)やビール(750円~)もそろえる。

 営業時間は11時~18時。木曜定休。年末年始は大みそかと元日休業、1月2日・3日は11時~15時の時間短縮営業。

グローバルフォトニュース