食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

日向「はまぐり碁石の里」に「焼き立てチーズまんじゅう」 客の要望に応え

「朝焼きチーズまんじゅう」と甲斐営業部長

「朝焼きチーズまんじゅう」と甲斐営業部長

  •  
  •  

 日向でドライブイン事業を手掛ける「ミツイシ」(日向市平岩、TEL 0982-54-7373)が4月、新商品「朝焼きチーズ饅頭」の販売を始めた。

焼き立ての「朝焼きチーズ饅頭」

 チーズまんじゅうは1980年代半ば、宮崎県で生まれた菓子。今では宮崎県内の250店以上で製造している。

[広告]

 同社では朝焼きたてのチーズまんじゅうをその場で食べてもらおうと、チーズまんじゅうをドライブイン内の菓子工場で製造・販売する。

 同社営業部長の甲斐丈晴さんは「チーズまんじゅうの製造過程を見て、『焼き立てを食べたい』というお客さんのリクエストが多かった。焼き立てはチーズの甘い香りが周囲に漂い、食べた時にクッキー生地のサクサク感が楽しめるため自信を持ってお薦めできる」と話す。

 東京から観光で来たという橋本範子さんは「宮崎のあちらこちらでチーズまんじゅうを見かけた。どこで買うか迷っていたが、『朝焼き販売』のことを知り、昨日予約して朝一番で買いにきた」と笑顔を見せる。

 1個150円。土曜、日曜、祝日のみで前日までに要予約。販売時間は9時~。

  • はてなブックマークに追加