3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

美郷町の天文台「昴ドーム」で「皆既月食観察会」 3年ぶり天文ショー

中小屋天文台「昴ドーム」と天の川

中小屋天文台「昴ドーム」と天の川

  • 12

  •  

 宮崎県美郷町の中小屋天文台「昴(すばる)ドーム」(美郷町北郷宇納間)で1月31日、「皆既月食観察会」が開催される。

2017年7月にリニューアルオープンした「昴ドーム」

 2015年4月以来、日本で観測されるのは約3年ぶりとなる皆既月食。東南東の空で20時48分から部分月食、21時51分に南東の空で皆既食となる。皆既食になると月は赤銅色(しゃくどういろ)に輝き、赤黒い色に見える。皆既食は23時8分に終わり、翌0時12分に南の空で部分食が終わる。

[広告]

 同町地域おこし協力隊隊員で中小屋天文台の案内解説員を務める小松嵩史さんは「今回は空気の澄んだ冬の夜空に浮かぶ真っ赤な満月が方角的にも、時間的にも観測しやすい好条件。この機会にたくさんの人に3年ぶりの天文ショーを楽しんでほしい」と話す。小松さんによれば、県内最大級600ミリの大型望遠鏡を使い、当日は月をはじめ、冬の星雲星団を観察することができるという。月はスマートフォンで撮影も可能とのこと。「私たちの天文台は標高1000メートルの場所にあり、寒さが厳しいため、防寒対策はしっかりと」(小松さん)とも。

 参加費は大人510円、小人(3歳以上小学生以下)310円。天候不良、道路凍結が予想される場合は中止。実施の判断は当日15時までに行い、フェイスブックページ、ホームページで知らせる予定。

ピックアップ

Stay at Home