見る・遊ぶ

延岡・コノハナロードで河津桜と菜の花見頃 観光イベントは中止

見頃を迎えた河津桜と菜の花

見頃を迎えた河津桜と菜の花

  • 58

  •  

 五ヶ瀬川沿いの「コノハナロード」(延岡市野地町)で現在、河津桜(かわづざくら)と菜の花が開花の見頃を迎えている。

ドローンで撮影した河津桜と菜の花の様子

 五ヶ瀬川堤防沿いに植樹された300本の河津桜と100万本の菜の花は、例年2月上旬から咲き始めることで知られ、ピンク色と黄色のコントラストが美しく、一足早い春の訪れを感じる場所となっている。この日はウオーキングを楽しむ人が花をめでたり、満開のサクラと菜の花をカメラに収めたりしていた。

[広告]

 管理するのは「コノハナロード延岡市民応援隊」。メンバーの一人によると、季節ごとに花を楽しめるようにサクラや菜の花だけでなく、ヒガンバナ、バラなども植え、毎日のように手入れしているという。河川の環境保全に関する事業、イベントを行い、美しいいこいの空間を提供するとともに、地域の活性化や子どもたちの郷土愛の育成を目指し、会員自身の生きがいにもなっている。

 例年であれば、延岡を代表する観光イベントの一つである「延岡花物語」のメイン会場となり、野だてや花を使ったワークショップなど、各種イベントが行われるが、今年はコロナウイルス感染症拡大防止のため、中止となった。