買う

宮崎・土々呂の高橋水産がバレンタイン向け「ちりめんチョコチョコ」限定販売

店頭に並ぶ期間限定商品「ちりめんチョコチョコ」(右)と「かえりチョコチョコ」

店頭に並ぶ期間限定商品「ちりめんチョコチョコ」(右)と「かえりチョコチョコ」

  • 36

  •  

 延岡市土々呂町の水産会社「高橋水産」(TEL 0982-37-0626)が2月1日、期間限定商品「ちりめんチョコチョコ」「かえりチョコチョコ」の今季販売を始めた。

お酒にも合う「ちりめんチョコチョコ」(左)と「かえりチョコチョコ」

 土々呂漁港に上がる海産物の販売や加工品の製造販売、食堂経営を手掛ける同社。社長の高橋建生さんと妻の留美子さんを中心に商品開発を行い、2年前には瓶詰の「ちりめんアヒージョ」で日本全国の魅力的な贈り物を顕彰する「日本ギフト大賞2019」の最高賞を受賞した。

[広告]

 「ちりめんチョコチョコ」「かえりチョコチョコ」は留美子さんが考案した、手作りのバレンタイン向け商品。約15年前から販売している。ちりめんチョコチョコは、日向灘で捕れたちりめんにピーナツ、レーズン、チョコレート、かえりチョコチョコは「かえりいりこ」にレーズン、アーモンドスライス、チョコレートを合わせた一口サイズの菓子。もともと自宅でちりめんと共にナッツやレーズン、チョコレートを食べていた留美子さんが、一緒にしたらおいしいのではと思い、作ってみたことが始まりだという。

 留美子さんは「子どもに魚を食べてほしいという思いもあり、お菓子の代表であるチョコレートと合わせてみた。お子さんには牛乳と一緒に、お酒が好きな方にはワインなどと一緒に食べてもらえればうれしい」と話す。チョコチョコという名前にしたのは「チョコチョコという音が楽しく、みんなが笑顔になれると思ったから。小さなギフトとして『ちょっとの気持ちです』という意味で使ってもらえれば。毎年買ってくれるお客さんもいる」と話す。

 価格は各324円。販売は2月14日まで。