食べる

宮崎・日向に韓国料理店「OPPA」 プサンから移住の韓国人オーナーが開業

おすすめメニューの一つ、「コチュジャン豚肉炒め定食」

おすすめメニューの一つ、「コチュジャン豚肉炒め定食」

  • 43

  •  

 日向市中町に韓国料理店「OPPA(オッパ)」(TEL 0982-95-0299)が昨年10月、オープンした。

ヤンニョムチキンもボリューム満点

 オーナーは韓国人のアン・ジュンウーさん。サーフィンの愛好家で良い波を求めて、日本人の妻、中学生の息子と共に一昨年8月、日向市に移住した。プサンでカフェを経営していた経験があり、日向にはない本格的な韓国料理を知ってほしいと店を始めた。店名は韓国語で「お兄さん」という意味。

[広告]

 アンさんは「今は休業要請の影響で夜間営業を短縮しているが、今後は海鮮チヂミなどの一品料理を増やし、韓国の居酒屋文化も楽しんでもらえる店にしたい。店で出している料理は私のオンマ(お母さん)の味。日向の人全てが店に足を運んでくれたら」と話す。日向の印象を聞くと「人も気候も温かく、波は最高」とも。

 スタッフによると、「韓国ドラマが好きなお客さんも来店して、棚に置いてある韓国の焼酎、チャミスルを見つけて、喜んでくださる方もいる」という。

 メニューは「コチュジャン豚肉炒め定食」「スンドゥブ定食」や揚げたての鶏肉にオリジナルのヤンニョムソースを絡めた「ヤンニョムチキン定食」(以上1,200円)に、「チーズダッカルビ定食」(1,400円)も。テークアウトメニューには混ぜるとビビンパになる「オッパカップ」(850円)、「ヤンニョムチキン」(800円)、「チャプチェ」(550円)がある。

 営業時間は、昼=11時~14時30分、夜は自粛営業中のため17時~20時(酒類の提供は19時まで)。