見る・遊ぶ

日向の米ノ山でパラグライダー体験 風と遊ぶ楽しさ知ってもらおうと企画

米ノ山から日向岬グリーンパークへ飛ぶパラグライダー

米ノ山から日向岬グリーンパークへ飛ぶパラグライダー

  • 84

  •  

 パラグライダー基地のある日向市米ノ山で現在、「トロントロンPGスクール」がパラグライダーの無料体験を行っている。

日向岬グリーンパークに描かれたアンパンマンもくっきり見える

 スクールを運営するのは川南町在住の中島祐二さん。養豚業の傍ら、近年愛好者が高齢化により少なくなってきているというパラグライダーの楽しさを広く知ってもらおうと、土曜・日曜を中心に体験会を開催している。

[広告]

 中島さんがパラグライダーを始めたのは30年ほど前。「空を飛びたい」との思いから、経験者の飛行を見て覚え、練習を積んだという。米ノ山には眼下の「日向岬グリーンパーク」を着地点に、日向灘に向かって飛び出すように設計されたパラグライダー基地がある。中島さんは「以前は週末になると30人ほどの人が集まり、次から次へと飛行を楽しんでいた。昔は事故も多かったが、今は道具が進化し、メーカーの安全基準も厳しくなって、全国的に指導技術のレベルも上がっている。自然を相手にしたスポーツのため、きちんと危険性を理解した上で、風と遊ぶ楽しさを知ってほしい」と話す。

 宮崎市でゲストハウスを経営する杉田紳一郎さんは「コロナ禍で仕事が減ったことをきっかけに、1年前からパラグライダーを始めた。パラグライダーで空を飛ぶと本当に気持ちが良く、米ノ山は世界中に誇れるパラグライダー基地だと思う。日向市に住む人はぜひ一度体験してほしい」と笑顔を見せる。

 荒天中止。開催日時に関する情報は「パラグライダー宮崎」のフェイスブック・グループページで発信するほか、中島さん(TEL 090-4345-1880)への問い合わせも可。参加者は事前に「24時間単位型総合生活補償保険」(1日レジャー保険)加入が必要。