見る・遊ぶ

宮崎・椎葉村で「椎葉平家祭り」 鶴富姫や武者行列、猪鍋の販売も

今年の「鶴富姫」役の那須さん

今年の「鶴富姫」役の那須さん

  •  
  •  

 椎葉村役場周辺の上椎葉街道で11月8日~10日、「椎葉平家まつり」が行われる。

大和絵巻武者行列(昨年の様子)

 毎年11月に開催され、昨年は約2万人が来場した椎葉村で一番大きな祭り。椎葉村に伝わる、平家の姫「鶴富姫(つるとみひめ)」と源氏の総大将「那須大八郎宗久(なすだいはちろうむねひさ)」との悲恋を題材に、地域振興として、平家と源氏の壇ノ浦の戦いから800年後の1985(昭和60)年から行われる。

[広告]

 恒例のメインイベント「大和絵巻武者行列」は、着物姿の鶴富姫や侍女などの一門「平家方」と鎧(よろい)姿の武将・那須大八郎宗久と坂東武者などの「源氏方」が馬に乗り、総勢約300人が練り歩く。今年、椎葉出身で宮崎市在住の那須加菜美さんが鶴富姫役を務め、椎葉在住の阪本健太さんが那須大八郎宗久役を務める。

 同村役場の綾美智代さんは「1年に一度の祭りで、村民総出で訪れた方々をおもてなしする。武者行列では、平家方のきらびやかな衣装と源氏方の勇ましい姿が見られ、村全体が平安時代にタイムスリップしたかのよう。時期が秋ということもあり、紅葉も見られるのでぜひこの機会に訪れてほしい」と話す。

 会場では、「ご当地グルメ展」が行われ、6地区の公民館がそれぞれ椎葉村の食材を使った「猪(しし)鍋」「山菜おこわ」「菜豆腐のステーキ」などを販売する。そのほか、「物産カーニバル」として、まんじゅうや漬物など加工品を用意し、宮崎県の民謡「ひえつき節」や神楽など郷土芸能披露、宮崎学園高校吹奏楽部の演奏、演歌歌手・北山たけしさん歌謡ショーも行う。

 開催時間は18時~20時30分(最終日は16時30分まで)。武者行列は9日・10日=往路13時~、復路14時10分~。

  • はてなブックマークに追加