食べる 暮らす・働く

宮崎・日向に「フードバンク」 子どもの貧困対策に

代表の堀アトムさん

代表の堀アトムさん

  •  

 宮崎・日向のカフェ「kakure Cafe NICO」(TEL 090-1192-9815)が1月30日、子どもの貧困、生活困窮者などへの支援策として「フードバンク日向」を始めた。

第3土曜に開かれる「子どもカフェ」の様子

 フードバンクとは、まだ食べられるのにさまざまな理由で処分されてしまう食品を、食べものに困っている人や施設に届ける社会福祉活動のこと。

[広告]

 毎月第3土曜に子どもや高齢者に無料でランチを提供する「子どもカフェ」を開く同カフェがスタートさせた。

 代表の堀アトムさんは子ども食堂の活動を通し、「食料が本当に必要な家庭に届いているのかというジレンマがあった」と話す。

 フードバンク設立のきっかけは、5人の子どもを抱え、3つの仕事をこなすシングルマザーが食べることに困っているのに、声を上げられず、それを察した知人が同カフェに支援を求めたことだったという。

 堀さんは「私自身、5人兄弟の母子家庭の長男として育ち、この家庭の状況が人ごととは思えず、急いで子どもカフェ用に備蓄していた米や野菜を渡しに行った。子どもカフェの活動では支援しきれない人たちをフードバンクで救いたい。母子家庭、父子家庭だけでなく一人暮らしの高齢者など、さまざまな境遇で食事を満足にとれない家庭をサポートし、フードロス問題の解決にもつながれば」と話す。

 今後、事業資金、設備投資のための資金を集めるため、クラウドファンディングにも挑戦する予定。堀さんは「子どもの貧困は自分事として考えなくてはいけない問題で、日向地域の課題でもある。子どもが自分の境遇に決しけっして悲観的にならず、希望を持もって成長できる環境づくりの一助となりたい」とも。

 同バンクでは食品、学用品、生活物資の支援のほか、会員、寄付金を募っている。条件などは同カフェホームページを参照のことに公開している。