食べる 暮らす・働く

美郷の栗菓子店が「バレン茶飲」コラボ商品 日向の日本茶店とタッグ

チョコレートと緑茶のマリアージュを楽しむ試み

チョコレートと緑茶のマリアージュを楽しむ試み

  •  

 栗菓子専門店「日向利久庵」(美郷町西郷田代、TEL 0982-66-3838)と日向市浜町の日本茶店「谷岩茶舗」が2月、バレンタインデー限定セットの販売を始めた。

日向利久庵と谷岩茶舗のコラボ商品

 2017年のバレンタインデーに「四つ葉のクローバー付きマロントリュフ」を発売した同菓子店。「チョコレートには緑茶が合う」と話す谷岩茶舗の谷岩孝彦さんと知り合い、同店の「バレンタインデーにお茶を飲もう」という「バレン茶飲(イン)」に賛同。両社でタッグを組み、バレンタインデー限定のコラボレーション商品を販売することになった。

[広告]

 「日向利久庵」店主の弓削龍生さんは「初めは緑茶とチョコレートが合うのかどうか半信半疑だった。実際に緑茶とチョコレートを食べてみると、チョコだけでは味わえない味や香りを感じることができ、大変驚いた。多くの人にこの驚きとおいしさを体験してもらいたい」と話す。

 バレンタイン限定のコラボ商品は四つ葉のクローバーの付いた「マロントリュフ」に「特選茎ほうじ茶」「深むし茶」をセットにした「マロントリュフ with Tea」(1,500円)、同セットに急須が付いた「バレン茶飲セット」(5,000円)の2種。「マロントリュフ(クローバー付き)」の単品(756円)も用意する。

 10日までの予約販売。予約、問い合わせは日向利久庵まで。