3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

宮崎・延岡で「二宮金次郎」上映会 中高生に「学ぶ力」「生きる力」伝える

実行委員長の新川菜生さん

実行委員長の新川菜生さん

  •  
  •  

 映画「二宮金次郎」延岡上映会が2月29日、延岡市の「カルチャープラザのべおか」(本小路)で開催される。

 上映会の実行委員長を務める新川菜生さんは、通信制高校サポート校、中学生対象フリースクール「セレンディップ高等学院」(桜小路)の学院長。昨年6月に関東で同映画を鑑賞した新川さんはその内容に感動し、映画を監督した五十嵐匠さんが代表を務める映画制作会社に「二宮金次郎の生き方、考え方を宮崎・延岡でも広めたい」と直談判した。

[広告]

 新川さんの思いに共感した五十嵐監督の厚意で、8月に無料の鑑賞会を延岡で開催。そこに参加した90人の大人の中から、「これは地元の中学生や高校生にもぜひ観てもらいたい」という声が上がり、約30人の有志が実行委員会を立ち上げた。メンバーが話し合いを重ねた結果、「延岡のすべての中高生に無料で映画を見てもらう」ことを目標に掲げ、まずは一般の人に広く見てもらおうと企業、団体、一般向けの上映会を企画した。

 「趣旨に賛同いただける企業や大人の皆さまにチケット1枚1,000円で購入いただき100万円を集めることが目標。できれば10枚、20枚、30枚とまとめて購入し、社員や知り合いに広めていただき、たくさんの大人に2月29日に映画を見てもらいたい。集まった支援金は今回の上映会に使うほか、一部は秋以降に開催する市内中高生向けの無料上映会に役立てたい」と新川さん。「一人の人間の生き様としても、人材育成やマネジメントなどビジネスにおける観点からも学びの深い作品なので、年代を問わず多くの方にご覧いただきたい」とも。

 映画「二宮金次郎」は昨年公開されたが、映画会社の方針で映画館への配給を行っておらず、九州では今回が初の上映となる。

 上映時間は10時~、14時~、18時~の3回。入場料は前売り=1,000円、当日=1,500円。定員は各回350人。申し込みは映画「二宮金次郎」延岡上映会実行委員会事務局(TEL 0982-21-8560)まで。

※上記イベントは新型コロナウイルス対策により中止となりました。(2月28日発表)