天気予報

22

17

みん経トピックス

日向の酒店がワインの日日向で「細島いわがき」出荷

日向の焼酎メーカー「あくがれ蒸留所」が春の1000本限定焼酎 桜デザインで贈答品需要も

  • 0
日向の焼酎メーカー「あくがれ蒸留所」が春の1000本限定焼酎 桜デザインで贈答品需要も

「角が取れた8年熟成のおいしさを味わってほしい」とあくがれ蒸留所の白石さん

写真を拡大 地図を拡大

 日向唯一の焼酎メーカー「あくがれ蒸留所」(日向市東郷町、TEL 0982-68-3550)が3月10日、春季限定焼酎「日向あくがれ黄麹18°」を発売した。限定1000本。

半透明のガラス瓶にピンクの桜が散りばめられたデザイン

 同商品は、麦、米、アワ、ヒエ、キビの五穀と大豆を使い、日本酒で使われる黄麹(きこうじ)で仕込み、8年熟成させた。

 同社の白石三千男さんは「焼酎を黄麹で仕込むのは難しいが、五穀と相性がよく、フルーティーな香りと余韻の残る甘さを引き出せた。8年間熟成させることで角が取れ、ストレートで飲むとさらに心地よい酸味が感じられる」と話す。

 同社は昨夏からアルコール度数14度の季節限定焼酎を販売しているが、同商品のみ18度になった。モニタリング調査の結果を見て決めたという。「花見やお祝いの席、贈答用に使っていただければ。女性や焼酎初心者の方にもぜひ手に取ってもらいたい」と意気込む。

 1本(720ml)1,500円。日向市内の酒店や道の駅、一部コンビニのほか、全国の取引店で販売。同社で直接購入も可。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

【投票をお願いします】宮崎名物「チキン南蛮」、あなたはどれが一番好きですか?

アクセスランキング