見る・遊ぶ

日向で「世界ジュニアサーフィン大会」日本初開催へ 9月に実施

世界ジュニアサーフィン大会の会場となるお倉ヶ浜海岸

世界ジュニアサーフィン大会の会場となるお倉ヶ浜海岸

  •  
  •  

 日向のお倉ヶ浜海岸で今年9月、「2017 VISSLA ISA世界ジュニアサーフィン選手権」が開催される。主催は国際サーフィン連盟(ISA)。

 日本での世界サーフィン選手権は27年ぶりで、ジュニア選手権の開催は今回が初めて。

[広告]

 宮崎県、日向市、日本サーフィン連盟は2月13日、宮崎県庁で記者会見を行い、十屋幸平日向市長も参加した。

 昨年9月にポルトガルで行われた世界ジュニア選手権で日本チームのメンバーは、ボーイズU-16の部で3位、4位、ガールズU-16の部で5位に入り、団体では初の4位となった。2020年東京五輪から正式種目となるため、現在、ジュニア選手の強化にも力が入っている。

 同連盟の酒井厚志理事長は「世界最高峰のジュニアサーファーが一堂に集まる大会が、長い歴史の中で日本で初開催されることはとても光栄で喜ばしい。日本サーフィン界の発展にとっても、日本のジュニア選手が世界へと羽ばたくためにも、大きな力となる」とコメントしている。

 開催期間は9月23日~10月1日の予定。

  • はてなブックマークに追加