3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

宮崎・川南の「赤坂」で「スイートコーンソフトクリーム」 客に後押しされ販売開始

川南町産のスイートコーンを使った期間限定「スイートコーンソフトクリーム」

川南町産のスイートコーンを使った期間限定「スイートコーンソフトクリーム」

  • 305

  •  

 宮崎・川南の飲食店「赤坂」(川南町大字川南、TEL 0983-27-2403)で6月7日、スイートコーンを使ったソフトクリームの販売が始まった。

自家製の梅とスモモのシロップを使った「露茜サンデー」も

 今年で創業45年を迎え、会席料理や和洋定食を提供する同店。おかみの和田直子さんの発案で、2003(平成15)年、地元産の野菜や果物で使ったソフトクリームの販売を始めた。「スイートコーンソフトクリーム ストレート」(380円)、ミルクを使ったプレーンのソフトクリームとスイートコーンソフトとの「ミックス」(360円)の2種を提供する。

[広告]

 直子さんの次女の百世さんは「今年は新型コロナウイルスのため、いつからコーンソフトクリームを販売したらいいのか迷っていた。お客さまから『今年はまだなの?』『早くコーンソフトクリームが食べたい』という問い合わせが入り、皆さんの期待の声に後押しされ、販売をスタートした」と話す。

 初日に一番乗りした料理研究家の杉松泰子さんは「コーンソフトクリームの魅力は、何と言っても他にはないところ。おかみが目利きした川南町のおいしいスイートコーンを自ら収穫し、新鮮なうちにソフトクリームにしているので本当においしい。宮崎のスイートコーンは、北海道出身の方が食べても納得の味。ミックスもおいしいので、私はいつも2つ食べる。期間限定のソフトクリームを皆さんに、ぜひ味わってほしい」と話す。

 今年初めてプレーンのソフトクリームと抹茶を使った「抹茶サンデー」、梅とスモモのシロップを使った「露茜サンデー」(各400円)も販売する。

 昨年から販売するスイートコーンソフトクリームとバニラアイスを挟んだ「絶品アイス生最中」(260円)も。来店3時間前までに電話で要予約。ソフトクリーム、サンデー、生モナカ共にイートインのみ。6月中は販売予定。

 ソフトクリームなどの営業時間は10時~17時。食事は要予約。休業日はホームページ、インスタグラムで確認できる。