3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

宮崎・門川の菓子店「ミツル・プラス」が「裏326祭」 6月23日にゴロ合わせで開催

店主の小川晋市さん

店主の小川晋市さん

  •  
  •  

 宮崎・門川の洋菓子店「ミツル・プラス」(門川町加草、TEL 0982-63-1460)が6月23日、「裏326祭(うらみつるまつり)」を開催する。

名物の門川焼きドーナツ

 2代目店主の小川晋市さんが腕を振るう店の名前は、先代の父の名前「満」に由来する。今年の3月26日に、コロナウイルス感染拡大防止のために休校になった子どもたちを励まそうと急きょ「326祭」を開催したところ、反響が大きかったことから326をひっくり返した6月23日に同イベントを開催することにした。

[広告]

 当日は30種類以上ある「門川焼きドーナツ」のベースとなるバター、塩バター、ココアなどの5種類のドーナツが入った通常750円のセットを623円で販売する(1人5セットまで)。焼きドーナツのセットにはお得な「シークレット」を忍ばせ、「袋を開けて中を見た人があっと驚く仕掛けも考えた」と小川さん。

 現在気温が30度になると30円、31度になると31円を割引するジェラートの「気温割り」も行っているが、6月23日限定でダブルサイズをシングル料金の320円で提供する。

 小川さんは「飲食店をはじめ、みんな大変な思いをしている。お互いに元気づけ、励まし合うことができれば。地元のお客さんの元気な顔を見ることができれば最高。プラごみをできるだけ減らし、地球温暖化防止に少しでも貢献したいという思いから、今回から森林認証制度を受けた紙袋を使う」と話す。

 開催時間は9時30分~17時30分(通常の営業時間は18時30分まで)。