食べる

宮崎・高千穂に発酵食カフェ「江崎食堂」 元地域おこし協力隊員が開業

笑顔で出迎える店主の江崎紋佳さん

笑顔で出迎える店主の江崎紋佳さん

  • 152

  •  

 発酵食のカフェ「ミキと発酵 江崎食堂」が高千穂町三田井にオープンして、2月8日で2カ月がたつ。

江崎食堂おすすめの「ランチ御膳」

[広告]

 店主は奈良県出身の江崎紋佳さん。2018(平成30)年に椎葉村の地域おこし協力隊として移住し、伝統食や在来種の継承活動を2年間行った。その後もイベントなどで焼き菓子や総菜を販売してきた。今回の開店について江崎さんは「以前から、伝統食や発酵食を食べてもらえる場所を作りたいと思っていた。運よく前オーナーから店舗物件を譲り受けることができた」と話す。

 メニューは地元の野菜を使った総菜、手作りの漬物、ミキ、ご飯、みそ汁、ドリンクが付いた「ランチ御膳」(1,800円)、デザートの「ミキグルトと米粉のマフィン」(500円)、「熟成フルーツのパウンドケーキ」「米粉のチョコバナナケーキ」(以上550円)など。江崎さんが作った赤シソや桃、ジンジャーなどのシロップをソーダや水で割る「自家製シロップのドリンク」(500円)、宮崎茶房(五ヶ瀬町)の茶葉を使った「釜炒り茶」「紅茶」「烏龍茶」(以上500円)、コーヒー(550円)などを用意する。「ランチ御膳」はビーガン対応も可能(前日までに要予約)。

 江崎さんは「漬物やみそ、奄美大島発祥の米を発酵させた飲み物『ミキ』などの発酵食品を作るのも食べるのも好き。発酵食品には体にいい菌がたくさん含まれているので、皆さんにも食べて健康になってほしいという思いで作っている」と話す。「材料は可能な限り地元のものを使い、みそは手作り、塩やしょうゆなど調味料も『体にいい』と考えられるものを選んで使っている」とも。

 営業は金曜・土曜(祝日の場合は休み)の11時30分~16時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース